成年後見制度

こんなお悩みはございませんか?

年齢を重ねていけば誰もが将来に不安を感じているのではないでしょうか。
その中には、認知症の症状にみられるようなご自身の判断能力の低下があるかと思います。 このようなみなさまは、不動産や預貯金などの管理をしたり、身の回りの世話のために介護サービスや介護施設との契約をしたりするにあたり、ご自身で行うことが難しいと思われます。
このようなみなさまに代わって財産を管理し、浪費したり散逸したりすることを防止し、みなさまを保護する制度が成年後見制度です。

将来への不安を取り除きます

将来への不安を取り除くことは、今の生活にもゆとりを感じさせてくれるはずです。
成年後見制度を利用することによって、悪徳商法からの被害も予防することができます。
今すぐのことではなくても弁護士と一緒に将来を考えてみませんか?

  • ご家族・ご親族に勝手に財産を使われない
  • 悪徳商法等により財産を失わない
  • 契約手続などを代行してもらえる


成年後見制度には大きく分けて2つの種類があります

  • 任意後見制度
  • 法定後見制度

任意後見(にんいこうけん)費用を確認する
【サポート内容】
・任意財産契約(見守り契約)の締結
・委託事務の選定補助
・公証人対応
・受任事務の遂行
・任意後見人の受任
・任意後見契約書作成準備
・家庭裁判所への選任申立
・将来、判断能力が低下した場合に備えておきたい方

任意後見制度は、判断能力が十分あるうちに、将来、判断能力が低下した場合に備えて、あらかじめ代理人(任意後見人)を選び、自分の生活、療養看護、財産管理などの代理を受託しておく制度です。
そのため、判断能力がしっかりしていて、将来の生活設計をご自身でしたい方におススメです。判断能力に関する鑑定が不要ですので利用がしやすくなっております。
ただし、判断能力が低下した後、ご自身でしてしまった契約を取り消すことができません。
また、判断能力が低下する前のことは決められません。そのため、当事務所では任意財産契約(見守り契約)を締結するなどにより、判断能力が低下する前についても対応します

法定後見 (ほうていこうけん)費用を確認する
【サポート内容】
・財産状況の確認
・申立書類の作成
・申立手続の代理
・鑑定人選定の補助
・後見事務(財産管理、身上監護への配慮)
・後見人の引受
成年後見
・精神上の障害により判断能力を失ってしまっているのが常態となっている方

認知症などの精神上の障害により、判断能力を失ってしまっているのが常態となっている方を保護・サポートするための制度です。裁判所が選任した後見人が、ご本人の利益を考えて、ご本人がしてしまった契約などを取り消したり、ご本人に代わって必要な契約をしたりします。

保 佐
・認知症などの精神上の障害により判断能力が著しく不十分な方

認認知症などの精神上の障害により、判断能力が著しく不十分な方を保護・サポートする制度です。お金を借りたり、不動産などの重要な財産を売買したりするなど、法律で定められた一定のことをするにあたって、裁判所が選任した保佐人の同意がないとできなくなります。同意なく、ご本人が勝手にやってしまった場合は、取消しができます。

補 助
・認知症などの精神上の障害により判断能力が不十分な方

認知症などの精神上の障害により、判断能力が著しく不十分な方を保護・サポートする制度です。ある特定の法律行為を、補助人の同意がなければできないこととすることができます。同意なく、ご本人が勝手にやってしまった場合は、取消しができます。

初回のご相談は無料!出張相談も無料です! まずはお気軽にご連絡ください。
03-6431-8205 お問い合わせはこちらから