遺言書作成

こんなお悩みはございませんか?

相続財産は、法律の原則により、相続人が一定割合に従って相続することとなります(法定相続)。しかし、この法律の原則は、ご自身の意思によって、変更することができます。 このご自身の意思を書面に残したのが遺言書です。

遺言書は家族の笑顔を守ります

ご遺言は、法律できちんと方式が定められているため、ご自身の想いを家族に、単に、口頭で伝えていただけでは意味がありません。法律で定められた方式に従って遺言書を作成する必要があります。遺言書を作成することで、ご自身の想いを家族についた得ることができるとともに、内容に不備のない遺言書を作成すれば、みなさまの財産を巡るご家族の争いを予防することができます。

  • 相続人同士の争いを避けられる
  • 相続人への財産の分け方をご自身で決められる
  • 自分の想いを伝えられる


遺言書には3つの種類があります

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言
自筆証書遺言 (じひつしょうしょいごん)費用を確認する
【サポート内容】
・法定相続人の調査
・相続財産の確認
・みなさまのご意思の確認
・文案の作成代行
・手間をかけずに簡単に作成したい方 ・費用をできるだけ抑えたい方
・遺言書の内容、存在を秘密にしたい方

自書して押印するだけで作成することができるので、公証人役場へ出向いたりする手間がなく、簡単に作成することができます。そして、公証人に支払う費用も掛かりません。また、他人に知られずに作成することができるので、内容はもちろん、遺言書が存在していることすら隠すことができます。

  • メリット
    • ・手間がかからず、簡単に作成できます
    • ・遺言書の存在自体を秘密にできます
    • ・遺言書の内容も秘密にできます
    • ・費用が安く済みます
  • デメリット
    • ・発見した者に隠されてしまうおそれがあります
    • ・偽造されてしまうおそれがあります
    • ・方式不備により無効となってしまうおそれがあります
    • ・内容について争いが生じてしまうおそれがあります
    • ・開封には検認という裁判所の手続が必要となります
公正証書遺言 (こうせいしょうしょいごん)費用を確認する
【サポート内容】
・法定相続人の調査
・相続財産の確認
・みなさまのご意思の確認
・文案の作成代行
・公証人対応
・公証人役場への同行
・自書をすることが難しい方 ・安全な遺言書を作成したい方

ご自身の想いを口頭で公証人に伝えれば、公証人が筆記してくれるため、自書する必要がありません。自書することが難しい方におススメです。また、公証人の面前で作成するため、遺言の効力が争われたり、偽造されたりするおそれがほとんどないため、安全な遺言書を作成したい方におススメです。

  • メリット
    • ・紛失したり、偽造されたりするおそれがありません
    • ・裁判所の検認という手続も不要です
    • ・遺言書の効力が争いとなる危険性が少ないです
  • デメリット
    • ・証人、公証人に内容を見られてしまいます
    • ・公証人役場に手数料を支払う必要があります
    • ・手続きが煩雑です
秘密証書遺言 (ひみつしょうしょいごん)費用を確認する
【サポート内容】
・法定相続人の調査
・相続財産の確認
・文案の作成代行
・公証人対応
・公証人役場への同行
・現状では判断能力はあるものの、将来的に低下してしまうことを
心配されている方

遺言書を自分で作成し、封をしたうえで、封書を公証人役場に提出し、公証人等の署名押印をすることで完成します。そのため、遺言書の存在を明らかにすることができます。また、公証人役場では開封しないため、内容を承認、公証人に秘密にしておくことができます。

  • メリット
    • ・遺言書の内容も秘密にできます
    • ・紛失したり、偽造されたりするおそれがありません
  • デメリット
    • ・公証人役場に手数料を支払う必要があります
    • ・内容について争いが生じてしまうおそれがあります
    • ・開封には検認という裁判所の手続が必要となります
初回のご相談は無料!出張相談も無料です! まずはお気軽にご連絡ください。
03-6431-8205 お問い合わせはこちらから